[Home] [Workshop] [monologue] [Movie] [HongKong] [Toy] [Comic] [UnderGround] [guestbook] [Links] [my profile]

Category Archive
[  仕事 - 昭和レトロ ]

2006年8月31日

止まっていた時計が動き出す

[ 昭和レトロ ]

 打ち合わせからの帰宅途中、携帯電話にいそっぷ社社長のS藤さんから連絡が入り、レトロおもちゃとマンガの単行本『ぼくらの60~70年代宝箱』が、ようやく下版したとのこと。
「ええっ、本当ですか!?」
 と、ぼくは思わず駅のホームで大声で聞き返してしまった。
 下版というのは、製版用の原版(=版下)が完成し、それを印刷・製本工程に回したということ。つまり、後は印刷屋さんが本の形にしてくれるのを待つだけの状態になったということなのだ。
 5月に脱稿してから実に丸3ヶ月間、デザイナーさんが多忙だということで作業が止まっていたのが、ついに本になるのだ。いやー、これは、何だか自分の単行本が初めて出版されたときのような喜びと感慨があるかも(笑)。
 東京では、早いところでは今月12~13日ごろ店頭に並び、その後、順次全国に配本されるとのこと。ただ、何万部も印刷するわけではないので、どこの本屋でも手に入るというものではありません(汗)。
 見本本は来週にも出来上がるというので、いただいたらこちらでも紹介します。

投稿者 黒沢哲哉 : 03:38 | トラックバック

このページのトップへ

2006年7月21日

おもちゃ本、出版まであとわずか(?)

[コメント (0)]
[ 昭和レトロ ]

 午後、いそっぷ社社長S藤氏から電話があり、2か月前からデザイナーさんに預けてあるおもちゃ本のデザインがようやく動き出したとのこと。
 でもってタイトルは、一時期、別のタイトル案もあったけど、最終的に 『ぼくらの60~70年代宝箱』 に決定した。
 デザイナーさんの仕事がアップしないことには発売日が確定できないんだけど、まぁ止まってるわけじゃないからあとは腰を落ち着けて待つしかないわけで……。

投稿者 黒沢哲哉 : 03:52 | コメント (0) | トラックバック

このページのトップへ

2006年6月 7日

おもちゃ本いまだ責了せず

[コメント (7)]
[ マンガ原作 , 昭和レトロ ]

 午後、ミリオン出版編集のT根さんから電話があり、昨日送っておいたプロットについて打ち合わせ。第1話は基本的にこれでOKとなったが、「連続企画なので、第1話の原作執筆に取りかかる前に3話までのプロットをいただけますか」とのこと。
 さっそく続きに取りかかることになった。 

 その後、いそっぷ社社長S藤さんに電話をして、おもちゃ本の進行状況についてお尋ねする。
 S藤さんのお話では、校正の終わったおもちゃ本の版下はまだデザイナーさんのところで止まっているとのこと。デザイナーさんは何しろお忙しい方だということなんで待つしかありません。また詳細が決まったら報告します。
 ちなみにタイトルにある「責了」というのは、この場合、著者校正の終わった原稿を出版社に預け、あとは出版社責任で訂正箇所を訂正した後、印刷工程に入ってもらうということです。

投稿者 黒沢哲哉 : 00:57 | コメント (7) | トラックバック

このページのトップへ

2006年5月17日

いそっぷ社のおもちゃ本校正

[コメント (0)]
[ 昭和レトロ ]

 15:00、電車で東銀座へ。昭和通沿いの喫茶室銀座ルノアールで、いそっぷ社社長S藤さんと待ち合わせ。
「ぼくらの60~70年代回顧録」(仮題)の本文校正を手渡し、細部を調整する。
 ところで前に本のタイトルは「ぼくらの60~70年代回顧録」で決定したと書いたけど、その後、デザイナーさんから提案があり、それ以前に仮題としてつけていた「ぼくらの60~70年代宝箱」の方が「回顧録」よりいいんじゃないかという提案をいただいたのだ。
 それでぼくの方としてはどちらでもいいので、いそっぷ社社長とデザイナーさんの判断にゆだねることにした。
 それはいいんだけど、何だかデザイナーさんが忙しくなってしまったそうで、なかなかデザインが進まない状況に陥っているのだという。
 すでに5月末の発売には間に合わなくなってしまったが、6月末発売はできるのか!?
 しかし、ぼくの原稿アップが大幅に遅れたこともあって、あまり強くは言えないので、もうしばらく待ってみます。

投稿者 黒沢哲哉 : 02:42 | コメント (0) | トラックバック

このページのトップへ

2006年3月29日

打ち合わせ二往復

[コメント (2)]
[ マンガ原作 , 昭和レトロ ]

 13:00、電車で神保町へ。靖国通り沿いの喫茶店古瀬戸で「別冊漫画ゴラク」編集長のK口さんと打ち合わせ。その後、出雲そばのお店へ連れていっていただき、遅い昼食をごちそうになる。

 14:30、K口さんと別れて帰宅しようと思ったら、携帯にいそっぷ社社長S藤さんから電話が入る。S藤さんとは明日打ち合わせの予定だったんだけど、明日は都合が悪くなったので、今日にしてもらえないかとのこと。時間的にはOKなんだけど打ち合わせ資料は自宅にあるので、一度帰宅して夕方お会いすることにした。

 17:30、帰宅して小休止したのち、再び電車で東銀座へ。昭和通沿いの喫茶室銀座ルノアールで、いそっぷ社社長S藤さんと待ち合わせ。
 先日脱稿した60~70年代のマンガとおもちゃを論じた単行本のタイトルを決める。これまでメールと電話で下打ち合わせをしてきたものをすり合わせ、最終的に、『ぼくらの60~70年代回顧録』に決定した。当時モノの懐かしい鉄人メンコが完全復刻版としてオマケに付く。これだけでも貴重!! 発売は5月下旬ごろの予定です。

 ところで、“二往復”と書こうとしたら“臭う服”と変換された。MS IME の誤変換はあまり面白いのがない中ではまーまーの小ヒットかな(笑)。

投稿者 黒沢哲哉 : 03:05 | コメント (2) | トラックバック

このページのトップへ
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  ... 16

過去エントリー 一覧
2009年6月20日 00:32 懐かしの銀玉鉄砲 復刻!
2009年3月31日 16:46 締め切りは前髪しかない?
2008年12月20日 01:45 お仕事ダイジェスト+α
2007年11月 2日 03:32 G-Diaryコラム執筆
2007年10月28日 01:13 昭和30年代村を見学
2007年7月17日 18:10 房総半島取材旅行
2007年6月21日 05:59 G-Diaryコラム執筆
2007年6月18日 02:46 自宅でおもちゃ撮影
2007年4月 1日 05:14 マジシャン柴又へ来る
2006年9月 8日 02:12 おもちゃ本ついに完成
2006年9月 2日 03:21 朋友給我香港玩具
2006年6月 7日 00:57 おもちゃ本いまだ責了せず
2006年3月29日 03:05 打ち合わせ二往復
2005年12月16日 01:20 ゴールラインが見えてきた!?
2005年12月 7日 23:55 昭和レトロな飲み会
2005年11月24日 07:44 柴又のレトロな仲間たち
2005年11月18日 02:25 翼よあれが締め切りの日だ!
2005年9月13日 00:24 原稿4本UP……
2005年9月 2日 04:00 40年前の藪の中?
2005年8月 5日 01:29 毎週3本じゃ足りません
2005年7月 8日 03:19 原稿3本UP……
2005年4月29日 03:11 柴又レトロオフ会を開催