[Home] [Workshop] [monologue] [Movie] [HongKong] [Toy] [Comic] [UnderGround] [guestbook] [Links] [my profile]

« 一歩後退二歩前進? | メイン | 朋友給我香港玩具 »

2006年8月31日

止まっていた時計が動き出す

 打ち合わせからの帰宅途中、携帯電話にいそっぷ社社長のS藤さんから連絡が入り、レトロおもちゃとマンガの単行本『ぼくらの60~70年代宝箱』が、ようやく下版したとのこと。
「ええっ、本当ですか!?」
 と、ぼくは思わず駅のホームで大声で聞き返してしまった。
 下版というのは、製版用の原版(=版下)が完成し、それを印刷・製本工程に回したということ。つまり、後は印刷屋さんが本の形にしてくれるのを待つだけの状態になったということなのだ。
 5月に脱稿してから実に丸3ヶ月間、デザイナーさんが多忙だということで作業が止まっていたのが、ついに本になるのだ。いやー、これは、何だか自分の単行本が初めて出版されたときのような喜びと感慨があるかも(笑)。
 東京では、早いところでは今月12~13日ごろ店頭に並び、その後、順次全国に配本されるとのこと。ただ、何万部も印刷するわけではないので、どこの本屋でも手に入るというものではありません(汗)。
 見本本は来週にも出来上がるというので、いただいたらこちらでも紹介します。

投稿者 黒沢哲哉 : 2006年8月31日 03:38

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.allnightpress.com/mt/mt-tb.cgi/344