[Home] [Workshop] [monologue] [Movie] [HongKong] [Toy] [Comic] [UnderGround] [guestbook] [Links] [my profile]

Category Archive
[  仕事 - 昭和レトロ ]

2007年3月23日

ぼくがなぜおもちゃ博物館の店番をすることになったか(まとめ編その1)

[コメント (4)]
[ 昭和レトロ ]

 うわー、1ヶ月以上も間を空けてしまった。
 もう誰も読んでないかも、と思いつつ、ダイジェストで近況報告します。
 複数の仕事が並行して進行していたので、内容ごとに分けて書きますね。
 ということで、今回はまとめ編その1です。

2/19
 19:00、柴又ジョナサンでWebショップ深夜倉庫の運営メンバーと定例会議を行う。
 しかし今日はぼくが新たな提案を持ち出した。それは、現在運営中のWebショップだけでなく実際のお店を運営しないか、という話である。
 といっても店舗スペースを借りて、そこに商品を並べて……と一からお店をやるわけではない。いまぼくがおもちゃを貸し出している柴又のおもちゃ博物館をお借りできたら、そこで何か面白い企画が展開できるんじゃないだろうか、というものである。
 Webショップだと、実際にサイトを製作していないメンバーにとっては参加意識がいまいち薄かったため、みんなもこのアイデアに大いに乗ってくれた。

2/22
 19:00、柴又の居酒屋で、柴又のおもちゃ博物館館長で、駄菓子屋柴又ハイカラ横丁の経営者でもあるさんと会食をする。今日の主な話題は、おもちゃ博物館の展示品の並べ替えに関することだったんだけど、先日深夜倉庫のメンバーと相談したアイデアを話してみたところ、Kさんも大いに乗ってくださった。
 そこで、展示品の再整理の話はそっちのけで、博物館のスペースを使って何ができるかという話で大いに盛り上がった。

2/26
 19:00、再び柴又ジョナサンで深夜倉庫メンバーが集まり、Kさんの返事を仲間に伝える。
 と、そこで、元ディスカウントショップ経営のK林くんから朗報がもたらされた。昔の仕事仲間からの情報で、倉庫整理のために新品のおもちゃの処分先を探している人がいるというのだ。欲しければそれを格安で譲ってもらえそうだという。これはおもちゃ博物館でのイベントにも使えそうだ。もちろんキープしてもらうことにした。

3/2
 11:30、車でK林くんを拾って、埼玉県某所の倉庫へ行き、処分したいというおもちゃを見せてもらう。かなり高価なものから、時期はずれのものやほとんどガラクタ同然のものまで、ピンキリで2トントラック1台分くらいある。
 そんな大量のおもちゃをどこへ置いたらいいか全くアテはないが、とりあえずまとめて譲ってもらうことにした。

3/4
 11:00、柴又のおもちゃ博物館へ出勤。実は、今月からぼく自身がテスト的におもちゃ博物館の受け付けで店番に立つことにしたのだ。というのは、実際に博物館で接客をしてお客さんの動向や営業中の館内の雰囲気などを把握し、ここでできるイベントの可能性を模索する予定なのである。
 とりあえずノーギャラだけど。
 いやー、しかし、学生時代にアルバイトはいくつもやったけど、接客のバイトは一度もしたことがなく、ましてやレジスターなど触ったこともない。しかしまー、何とかなるでしょう(笑)。
 結果、レジの打ち間違えが2回あったけど、何とかこなせました(笑)。とりあえず、初めてのお店屋さんごっこ(?)は、物珍しさであっという間に終了したのでした。
 今後、暫定的に毎週日曜日は、ぼくが博物館で店番+学芸員として受け付けに立ってますので、皆さん、遊びに来てください。入場料は幼児から大人まで一律おひとり様200円でございます。

3/6
 11:30、K林くんの車とぼくの車2台連ねて埼玉県の倉庫へ。おもちゃをこの2台に詰め込めるだけ詰め込んで、柴又まで2往復。とりあえずぼくの書庫になっているアパートと、K林くんの仕事場の事務所や実家の軒先などに押し込む。
 結局、この日1日では終わらず、3/8に再度、ぼくの車で3往復して、残りのおもちゃをぼくの家とK林くんの家へ詰め込んだ。それでも入りきらない分はおもちゃ博物館で預かってもらうことにして、ようやく全てのにもつの行き先がきまったのだった。

3/10
 K林くんの紹介で、アマチュア演芸グループのリーダーであるS賀さんという方を紹介していただく。S賀さんのグループは、落語や色物の演芸をやる人たちが30人以上集まっており、老人ホームなどで慰問を行ったりしているのだという。そこで、博物館に併設されたイベントスペースで何かやってもらえないだろうか、という提案をしていたのだ。
 この日、博物館のイベントスペースを下見したS賀さんには大いに気に入っていただき、さっそく話を持ち帰ってメンバーと相談してくれることになった。

3/11
 おもちゃ博物館で2度目の店番に立つ。さらにこの日から、アイデアを少しずつ投入し始めた。まずは博物館の一角を縁日風に仕立てるアイデアのひとつとして、カタヌキを始めた。1回200円でカタヌキをやってもらい、うまく抜けたらぬいぐるみをあげるというもの。そのぬいぐるみはもちろん、K林くんルートで仕入れてきたものである。しかしこの日はあいにくの雨でお客さんが少なかったのが残念。来週に期待しよう!! しかしそれでもふたりのお客さんがカタヌキをやってくれた。ふたりともかなり惜しいところまで抜けていたので、オープン記念ということで特別にぬいぐるみをプレゼントした。

3/18
 おもちゃ博物館で3度目の店番。午前中は出足が悪かったが、午後2時を過ぎたころからお客さんがどんどん増え出した。館長のKさんの観測によると、昨夜のテレビ東京の番組「出没!アド街っく天国」で、同じ葛飾区の町お花茶屋を特集していたので、お花茶屋へ遊びに行った人たちが、その後、柴又へ流れてきたのではないかという。
 結局かなりの人数でにぎわい、カタヌキもたくさんの人にやっていただいた。

3/19
 19:00、柴又ジョナサンで深夜倉庫メンバーのK林くんと、ぼく、そして博物館館長のKさんをまじえて、本格的にビジネス展開をするための打ち合わせを行う。
 ここでもさまざまなアイデアが出された。面白いアイデアでもお金がかかる場合もあり、全てをいっぺんに始めるのは不可能だけど、少しずつ柴又の名所として盛り上げられたらいいと思う。

3/21
 新宿区にあるマジシャンの事務所・ウイザードインへ行く。この事務所の代表である柳田昌宏さんには、ぼくが原作を書いたマジックマンガ『マジック・マスター』で監修をしていただき、5年以上の長きにわたってお世話になった方だ。
 今回、このウイザードインにも、おもちゃ博物館の企画にマジックで協力していただけないか、と相談にうかがったのだ。
 柳田氏はとても乗り気になってくださって、ぼく自身が不安だった部分についても、逆に励まされてしまうほどだった。
 柳田氏もさっそく所属マジシャンたちに話を振ってくれるということになった。
 最初はちょっとした思いつきから始まったプロジェクトだったけど、いろんな人を巻き込んで、いよいよ後戻りはできない段階に入ってしまった。さて!

投稿者 黒沢哲哉 : 01:34 | コメント (4) | トラックバック

このページのトップへ

2006年10月26日

あのころ『少年』は熱かった!

[ 昭和レトロ ]

 深夜倉庫MWにコラムコーナーを新設しました。第1回のテーマは「雑誌『少年』の時代」です。
 雑誌『少年』(光文社)は、昭和30~40年代に『鉄腕アトム』と『鉄人28号』の2大連載を軸として月刊少年マンガ誌の頂点に君臨した伝説の雑誌です。
 昨年は、光文社から、『少年』昭和37年4月号を、本誌から組み立て付録まで丸ごと1号分完全復刻したオール復刻BOXが刊行されるなど、当時の『少年』にいまだに熱い思いを抱く人は少なくありません。
 今読める参考文献を紹介しながら、当時の思い出などを語っていますので、よろしければ読んでみてください。

投稿者 黒沢哲哉 : 03:59 | トラックバック

このページのトップへ

2006年10月12日

昭和レトロなWEBショップを開設

[ 昭和レトロ ]

mw_top.jpg 実は半年くらい前から打ち合わせをしていて、小中学校時代からの友人3人と一緒に、WEBショップを開店することになった。

昭和のオトナ秘密基地
深夜倉庫MW


 最初は、「駄菓子屋を自分で経営したら面白そうだよねー」みたいな雑談をしていたんだけど、実際に店舗を持つとなれば数千万円のお金が必要になる。それはムリ!
 じゃあホームページならタダじゃない、ということで今回の企画になったわけ。
 WEBでやるなら、駄菓子だけじゃなくて、レトロなアイテムをいろいろ置こう、大人の趣味の品々も置こうということで、こんなページができました。
 人件費の問題から、現在並べてる商品はすべてアフィリエイトなんだけど、メンバーには古物商の免許を持っている人もいるので、いずれはビンテージ品の直販もやりたいな、などと夢は広がっています。
 今月に入ってからは、ほぼこのページの作成にかかりっきりで、何とかオープン予定日の10月10日に間に合いました。ふー。
 よろしければぜひお立ち寄りくださいませ。

投稿者 黒沢哲哉 : 23:46 | トラックバック

このページのトップへ

2006年9月 8日

おもちゃ本ついに完成

[コメント (8)]
[ 昭和レトロ ]


写真をクリックすると、本の紹介ページが別ウインドウで開きます。

 60~70年代のおもちゃとマンガ、アニメなどを語った書き下ろし単行本『ぼくらの60~70年代宝箱』(いそっぷ社)が、ついに完成した。

 16:00、電車で東銀座へ。いつもの昭和通沿いの喫茶室銀座ルノアールで、いそっぷ社社長S藤さんと待ち合わせ。できたてホヤホヤの見本本をいただく。
 執筆におよそ1年、その後も何やかやあって、結局、企画から1年半もたってようやく発売されることになったので、辛抱強く待っていただいたS藤さんにはひたすらおわびするとともに、この1年半の苦労を振りかえって話は盛り上がった。

 その後、S藤さんがお疲れ会を開いてくださるということで、築地の洋食屋さんに連れて行っていただいた。
 行ったお店は、築地区役所近くの裏路地にあるフランス料理蜂の子というお店。フランス料理といっても気取ってなくて、店のたたずまいもちょっとおしゃれな街の洋食屋さんといった感じ。今回はコース料理をいただいたけど、オムライスとかハヤシライスなどの洋食メニューもあるらしい。

 ぼくらはそこで、またまた編集・執筆当時の苦労話に花が咲いた。とてもいい本になったと思うので、あとは売れることを願うばかりです。
 本は15日ごろには全国に配本されるそうですので、店頭で見かけたらぜひ手に取ってご覧ください。 ちなみに、amazon にはまだ登録されてませんでしたので、ネット通販はもうしばらくお待ちください。

参考サイト:るるぶ.com蜂の子

投稿者 黒沢哲哉 : 02:12 | コメント (8) | トラックバック

このページのトップへ

2006年9月 2日

朋友給我香港玩具

[ 昭和レトロ ]

2006090201.jpg

 レトロおもちゃつながりの友人 tadatako さんから、古い香港製の駄玩具を譲っていただいた。
 自宅に届いたこんもりとふくらんだ封筒を開けると、中からは左のような、昭和30~40年代の駄菓子屋の香り漂う懐かしの駄玩具が現われた!!
 左端のワニと中央のトミーガン風マシンガンは鉛筆削りで、右端は空高く投げ上げると、フワフワと降下してくるパラシュート兵のおもちゃだ。
 胴体がブルーで頭がイエローというワニのアヴァンギャルドな色づかいや、トミーガンのいい感じに崩れた表現主義的デザインなどは、まさに昭和時代の香港駄玩具の真骨頂である。素晴らしくエクセレントなのである。

2006090202.jpg

 香港駄玩具がいかに素晴らしいかということは、これまでも何度かこの monologue や雑誌のコラムなどで書いてきた。→例えばちょっと古い記事だけど、これとか。
 それで、tadatako さんからは、前にも香港駄玩具を譲っていただいたことがあるのだが、今回またまたこんなに素晴らしい品をいただいてしまったのである。
 左はトミーガン風鉛筆削りのアップ。ちょっと見にくいが、レシーバー部には確かに「MADE IN HONG KONG」の文字がある。

2006090203.jpg

 そしてこちらは、イラストの甘さと版ズレ具合がシビレるほどにファンタジックな、パラシュート兵のタグのアップ。もちろんそこには「MADE IN HONG KONG」の文字!
 ビニール製のパラシュートと糸はつながってなくて、自分でビニールに穴を開けて糸を通さなくてはならない半完成品である。
 そうそう、そういえば小学校低学年のころは糸を縛るのがむずかしくていつも失敗してたんだよなー、という苦い記憶もよみがえってきた。

2006090204.jpg

 その他、グリコなどのおまけ玩具もいろいろ詰め合わせでいただいた(実際にはこの3倍ほどいただいた)。
 中でも気に入ったのが、右下の人工衛星のおもちゃ(下に車輪がついていてコロ走行する)と、中央手前の緑色の恐竜。こちらは尻尾を動かすと背びれが動く。
 どちらも微妙に遊べそうで遊べない中途半端さが、香港玩具に通じるテイストを持っている。

 tadatako さん、ありがとう!!

投稿者 黒沢哲哉 : 03:21 | トラックバック

このページのトップへ
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  ... 16

過去エントリー 一覧
2009年6月20日 00:32 懐かしの銀玉鉄砲 復刻!
2009年3月31日 16:46 締め切りは前髪しかない?
2008年12月20日 01:45 お仕事ダイジェスト+α
2007年11月 2日 03:32 G-Diaryコラム執筆
2007年10月28日 01:13 昭和30年代村を見学
2007年7月17日 18:10 房総半島取材旅行
2007年6月21日 05:59 G-Diaryコラム執筆
2007年6月18日 02:46 自宅でおもちゃ撮影
2007年4月 1日 05:14 マジシャン柴又へ来る
2006年9月 8日 02:12 おもちゃ本ついに完成
2006年9月 2日 03:21 朋友給我香港玩具
2006年6月 7日 00:57 おもちゃ本いまだ責了せず
2006年3月29日 03:05 打ち合わせ二往復
2005年12月16日 01:20 ゴールラインが見えてきた!?
2005年12月 7日 23:55 昭和レトロな飲み会
2005年11月24日 07:44 柴又のレトロな仲間たち
2005年11月18日 02:25 翼よあれが締め切りの日だ!
2005年9月13日 00:24 原稿4本UP……
2005年9月 2日 04:00 40年前の藪の中?
2005年8月 5日 01:29 毎週3本じゃ足りません
2005年7月 8日 03:19 原稿3本UP……
2005年4月29日 03:11 柴又レトロオフ会を開催