[Home] [Workshop] [monologue] [Movie] [HongKong] [Toy] [Comic] [UnderGround] [guestbook] [Links] [my profile]

Category Archive
[  PC Network - その他のソフトウェア ]

2012年12月 3日

手塚治虫ファン大会2012に参加!

[コメント (0)]
[ その他の仕事 , 本、マンガ , その他のソフトウェア ]

 12/1は手塚治虫ファン大会に参加してきたっっ!!
 毎年、この時期に開催されている手塚治虫ファン大会の季節がまたまたやってきた。
 今年の会場は、杉並アニメーションミュージアム内のホールで、午後14:00からの開催だ。

 12:30、電車で荻窪へ。ちょっぴり天気が悪く、雨がぱらついてきた。会場到着まで降らないといいなぁ。

20121201a.jpg

 青梅街道のイチョウがきれいに色づいていて、歩く分には気持ちがいいけど、道路に面した商店の人たちは掃除が大変だろうな。あと、路肩に積もった落葉は、ライダーにとってはものすごく危険なんですよ、滑りやすくて。30代のころ、仕事の移動にバイクを使っていた時代に、お茶の水の女子医大近くで派手に転倒したコトがありました。

20121201b.jpg

 それはともかく、会場に到着。14:00、いよいよファン大会が始まった。今年の最初のプログラムは、杉並アニメーションミュージアム館長の鈴木伸一先生による、手塚先生の思い出から。鈴木先生は特にアニメーション関連の話になると熱がこもってきて、時間が来てもまだまだしゃべり足りないご様子だった。
 先生がされていたのはたとえばこんなお話。。。
 あるとき鈴木さんと手塚先生が銀座でバッタリ会って、喫茶店で昔のアニメーション話で盛り上がってしまい、「今からうちへ来ませんか? 見せたいものがあるんです」と言って、手塚先生の自家用車で自宅へ行き、見せてもらったのは、当時貴重だった「鉄扇公主」という中国のアニメーションの16mmフィルムだったとか!

 続いて休憩をはさんで、作家の二階堂黎人さんと元大都社編集の篠田修一さんによる、手塚治虫ファンクラブ草創期の裏話。おふたりは手塚治虫の公式ファンクラブが発足した当時の主要メンバーで、そのおふたりが、当時イベントなどで手塚先生に振り回された苦労話などを語ってくださった。

20121201c.jpg

 会場では今回のゲストの先生方のサイン本をゲット! 上の画像の左が手塚プロの小林準治さんが、手塚先生の少年時代の昆虫採集の話などをマンガ化した『マンガ 手塚治虫の昆虫つれづれ草』。そして右が藤子・F・不二雄や石ノ森章太郎など、トキワ荘メンバーが集まって設立したアニメ製作会社スタジオ・ゼロのドキュメンタリー本『ゼロの肖像 「トキワ荘」から生まれたアニメ会社の物語』。こちらはライターの幸森軍也氏が鈴木伸一先生にインタビューをするなどしてまとめた本で監修と装画は鈴木伸一先生である。

20121201e.jpg

20121201d.jpg

 そして上がサイン中の小林準治さんと、ぼくが書いていただいたサイン。当日は本を30冊用意してきたそうだけど、あっという間に完売だったそうだ。
 現在、ぼくは小林準治さんといっしょの仕事をしていて、来年春ぐらいにはそれが本になる予定です。

 その後、手塚先生の秘蔵映像の上映があってファン大会第一部は終了。17:45からは、同じ会場で、立食パーティ形式の懇親会が開かれた。
 そしてここでは、ぼくも今回のイベントに秘蔵コレクションをプレゼントとして提供していた。それは手塚治虫直筆サインが入ったヒョウタンツギの絵柄の版画。ぼくが高校生のころに渋谷のパルコで開かれた漫画集団のチャリティイベントで購入したものである。
 これはジャンケン大会で勝ち残った人にプレゼントするということで、期待したとおり皆さん大変盛り上がっていただき、熱烈なバトルの末にめでたくおひとりのファンの方にプレゼントさせていただきました。大切にして下さいね~~~~っ!!

 19:45、こうして大満足で終わったイベントだけど、その後、ぼくは一部の常連ファンと手塚プロスタッフの方たちといっしょに荻窪駅前のサイゼリヤでお茶をすることになった。後からそこへ鈴木伸一先生も合流して、ぼくも親しくお話しをさせていただくことができました。
 その帰り際、駅のホームで鈴木先生がしみじみとこんな風におっしゃっていたのが印象的だった。
「手塚先生が亡くなってもう20年以上たつのに、こうして多くの人が集まってあのころの話ができるなんて幸せだなぁ。これも手塚先生のおかげだなぁ......」
 こう語られた鈴木先生の心の中には、きっとぼくら以上にいろんな思い出が去来しているんだろうな、と思ったらなんだかジーンときてしまった。

4063648885マンガ 手塚治虫の昆虫つれづれ草
小林 準治 手塚 治虫
講談社 2012-05-10

by G-Tools
4062175908ゼロの肖像 「トキワ荘」から生まれたアニメ会社の物語
幸森 軍也 鈴木 伸一
講談社 2012-10-30

by G-Tools

【YahooDesktop.exe エラーの回避方法】

 さてここからは一転、話題を変えて、ちょっとしたPCトラブル解決方法の話をします。
 前回のエントリーでぼくが愛用していると紹介した Yahoo!ボックスだけど、ある使い方をすると、100%の再現率で発現するエラーがあるのだ。
 しかしその回避方法がわかったので、検索で来られたお困りの方の参考になればと書かせていただきます。

 そのエラーとは、Yahoo!ボックスを起動(常駐)した状態で、USBデバイス(特にドライブ構成が変わるもの)、たとえばUSBマルチカードリーダー/ライターなどを抜き差ししたりすると、画面に下記のようなエラーメッセージが出るというものだ。

「YahooDesktop.exe-ディスクがありません。
 ドライブにディスクがありません。ディスクを\Divice\Harddisk2\DR2に挿入してください」

 一度このエラーメッセージが出ると、その後は、Yahoo!ボックスを再起動するたびに毎回この表示が必ず出るようになってしまう。
 ネットで検索すると同じトラブルに悩んでいる人は多いようで、問い合せの書き込みはいくつも見つかるのだが、それに対する決定的な解決方法というのはどこにも書かれていなかった。結局、一度 Yahoo!ボックスをアンインストールして再インストールし直すしか方法がないというのだ。
 確かに再インストールすればこのエラーは消えるんだけど、このYahoo!ボックスの再インストールがこれまた面倒くさい。
 インストールの過程で同期フォルダを指定するんだけど、その際、すでにファイルの入っているフォルダは指定できないのだ。従って再インストールする際には、今まで同期フォルダに入っていたファイルをいったん別の場所へ待避し、後から同期したいファイルをまたそこへ入れ直して再同期させなければならないのだ。
 ぼくの場合、Yahoo!ボックスには10GBくらいファイルが入っているので、これらをすべて同期完了するには2時間以上かかってしまう。
 しかもその後もまた、うっかりYahoo!ボックスを終了させるのを忘れてカードリーダーを抜き差ししたら、またエラーが出まくりとなってしまうのだ。

 2度目にそうなったときはもうブチギレて Yahoo!ボックス捨てるか!? と思ったんだけど、ひょんなことから思いついて試してみたじつに簡単な方法で、このいまいましいエラーが回避できることがわかった

 その方法というのは、下記のYahoo!ボックスの設定パネルから、基本タブを開いて「コンピュータ起動時に自動的にYahoo!ボックスを起動する」のチェックを外し、その後、タスクトレイに入っているYahoo!ボックスアイコンを右クリックし、表示されるメニューから、常駐しているYahoo!ボックスを終了させる。
 そしていったんPCを再起動させるというもの。これだけ。これで次回からはYahoo!ボックスを起動してもエラーは出なくなるのだ。

20121201f.jpg

 このYahoo!ボックス、どうやら同期させるドライブだけでなくPCにつながっているすべてのドライブを監視しているらしくて、Yahoo!ボックスが起動中にドライブ構成に変化があると、冒頭に書いたエラーを吐いてしまうらしいのだ。
 だけどなぜ Yahoo!ボックスがほかのドライブを監視する必要があるのか、そんな必要ないだろうと思うんだけどね。実際、GoogleドライブもDropboxもこんなエラーは吐かないんですから。バージョンアップでぜひ改善を望みたい部分です。
 でも取りあえず解決方法がわかってぼくも使い続けられます。参考になれば!

投稿者 黒沢哲哉 : 01:34 | コメント (0) | トラックバック

このページのトップへ

2010年6月 4日

取材、取材、テープ起こし→(怒)→Atok2010購入

[コメント (0)]
[ その他の仕事 , その他のソフトウェア ]

 なんだかんだで、すっかり月イチ更新ペースになっていて済まんス。
 ということで、今月もお仕事ダイジェスト......。

05/19
 この日よりさかのぼることおよそ1ヶ月前、小学館の20年来のつきあいになる編集U山さんからお話をいただき、マンガ家さんの対談の記事構成をやらせていただくことになった。そしてこの日はその対談第1回目の取材日なのだ。
 午後、電車で上野へ。本日の対談場所は上野公園内にある和風会席料理のお店韻松亭というところ(下の画像)。

20100519.jpg

 上野公園の中にこんなお店があったなんて初めて知りました。小さいお店だけど落ち着いた静かな雰囲気で対談もばっちり盛り上がった。

5/22
 一昨日に続いて第2回目の対談取材日。記事は月イチペースで書く予定なんだけど、対談していただく方のスケジュール優先ということで前倒しの取材である。
 ということで今日は電車で根津へ。少し早く着いたので路地を散策する。知らなかったけど、このあたりすっかり観光地になってるんですね。それも昔の江戸風情を残しているからか、外国人観光客がものすごく多くてびっくりした。

20100522.jpg

 本日の対談場所はふるかわ庵という、茶室風の料亭です。その対談のテーマから、毎回編集のU山さんが和のテイストの場所で探しておられる模様。
 この日もおいしい料理を食べながら対談は大いに盛り上がった。
 掲載媒体や対談していただいた先生方のお名前、詳細な記事の内容などは解禁となりましたらこちらにも書きますね。

6/2~6/3
 先日取材した対談記事第1回目分のテープ起こしをする。およそ4時間半分である。が! 録音したファイルを聴きながらエディタで打ち込んでいくと、MS-IME の変換のあまりのヒドさにキレそうになってきた。いや、今さら MS-IME のヒドさに気がついたわけじゃないんだけど。
 PC-9800互換機時代にパソコンを使い始めてまず使った日本語入力FEP(Front End Processor)は、管理工学研究所の松茸だった。その後、DOS/V の時代になっても依然、松茸を愛用。しかし Windows3.1 に移行して松茸が使えなくなり、以後は仕方なく MS-IME を使い続けてきた。
 まぁ、松茸もそんなに賢いFEPだったわけではないので、MS-IME も文章を考えながら少しずつキーを打っている分には、それほど不便にも感じていなかった。しかし! テープ起こしで音声を聞きながら素早くタイピングしていると、その糞っぷりがどんどん際立ってくる。
 例えば、良くある同音異義語の入力で「はし」と入力して「橋」に変換確定したとする。次に「はし」と入力して変換すると「橋」になると思ったら「端」になる。で、もう一回変換キーを押すと「橋」になる。つまりこの時点で1回余分なキー入力が必要となる。で、次に「はし」と入力して変換するとどっちになるか......この場合はなんと「橋」になる場合と「端」になる場合の両方があって、どっちになるかは変換してみないと分からないのだ。これではキーをたたくリズムが乱されるばかりだし、変換候補が通り過ぎてまたさらに変換し直さなければならなかったり......。あーもう!!
 ということで、テープ起こしを中断してぼくはある重大な決断をした。そうなのだ、ここはもう変換効率がいいという噂の Atok を導入するしかない!!
 ということで仕事を中断し、ジャストシステムのサイトからAtok2010試用版をダウンロードしてインストールし、今のキー配列に近くなるようにざっとカスタマイズをして使ってみた。するとこれがイイ!! 入力した内容から変換候補の優先順位をダイナミックに変えてくれるのと、すでに確定した文章も含めて、文章の前後関係から変換候補を出してくれるので、日常会話程度のボキャブラリーだったら、いくつもの変換候補から目指す漢字を選び出すという手間が、体感で MS-IME の5分の1くらいに減った!!
 ということで、1時間ほど使ったところで、すぐに Atok2010 正規ダウンロード版を購入して再度インストール。その後、細かい部分までMS-IME時代のキー設定に限りなく近づくようにカスタマイズして現在も使用中である。
 MS-IMEからの乗り換えによるマイナス面は、うちのパソコンのCPUパワーが低いからだとは思うが、キーを高速に入力すると、MS-IME よりも若干もたつく感じがすること。しかしそれを上回る変換精度で、入力はかなり快適になった。こんなことならもっと早くに乗り換えておくんだったなー。

ATOK 2010 for Windows 通常版
ATOK 2010 for Windows 通常版
ジャストシステム 2010-02-05
売り上げランキング : 79

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
医療辞書2010 for ATOK 通常版 Shuriken 2010 通常版 角川類語新辞典 for ATOK(NW2) 広辞苑 第六版 for ATOK ここまで出来る!ATOK技ありテクニック集―日本語入力システム

おまけ
 先日千葉県の某所に出かけた際に立ち寄ったファミレスサイゼリヤ。そこのコーヒーベンダーに貼ってあった手描きの貼り紙を紹介しますね。これ、なんとコーヒーとミルクのミキシングの裏技なのだっ! んー、「裏技」と聞くと、かつて少年雑誌にファミコンの記事を書いていたころの習性が残っていて、ついついピクーンと反応してしまうんですよね~。ということで無断転載(笑)。ただし他のサイゼでこの技が使えるかどうかは保証の限りではございません。あしからず。

20100503.jpg

投稿者 黒沢哲哉 : 16:55 | コメント (0) | トラックバック

このページのトップへ

2006年6月18日

今さらノートPCのXPをSP2にバージョンアップ

[コメント (0)]
[ その他のソフトウェア ]

20060618.jpg 今さらながら、携帯用として使っているノートパソコン ThinkPad s30 に入っているOS Windows XP を SP2 にバージョンアップした。
 デスクトップの方はとっくに SP2 なんだけど、その時にいろいろとトラブルが出て大変だったので、あまり使わないノートPCの方はずっと二の足を踏んでいたのだ。
 だけど Windows Update を利用するたびに SP2 へアップグレードさせようとするのをキャンセルするのがいい加減面倒になってきたので、そろそろ観念することにしたのだ。
 作業は昼食後の 13:30 ごろから始めて1時間ほどで終わるかと思ったら、何とインストール完了まで延々2時間半。途中、進行状況を示すバーがまったく動かなくなって、フリーズしたのかと思ったが、ハードディスクのアクセスランプが不規則に点滅してるから何もしないでジッと耐える。
 そしてようやくアップグレード完了。再起動して全ての設定が完了したのはおよそ3時間後の16:30を回ったころだった。
 しかし、デスクトップの時には何度も再起動を繰り返してようやく設定を終えたウイルス対策ソフトやファイアーウォール関連の設定に関しては、今回は、Windows Update と Nortonシリーズの両方が簡単に設定できるように改良されていたらしく、ワンクリックで設定完了するようになっていました。

投稿者 黒沢哲哉 : 22:55 | コメント (0) | トラックバック

このページのトップへ

2005年9月21日

[WinXP]ALT+TABのタスク切り替えを拡張

[ その他のソフトウェア ]

task_switchxp.jpg パソコンで作業をしていると、複数のウインドウを開いて、ALT+TABでそれぞれのタスクを切り替えながら使うという使い方が一般的だ。
 そのALT+TABの機能を拡張してくれる WindowsXP 用のオススメフリーソフトウェアをご紹介。
 TaskSwitchXP PRO 2.0がそれ。基本となる機能は、ALT+TABで、起動中のタスクが、アイコンだけではなくて、各ページのサムネイル画像で表示されるようになることだ。
 これによって、タスク切り替えの際に素早く確実に目指すウインドウに切り替えることが可能となる。
 さらにそれ以外にも、起動中のソフトをタスクトレイに入れたり、マウスでタスクスイッチしたりと、ALT+TABを拡張するさまざまな便利機能が満載されている。
 タスク選択画面も、表示位置、文字色、サムネイルの大きさなどを好みによってカスタマイズ可能。上の画像は、現在ぼくが使用している切り替え画面をキャプチャーしたものです。
 とにかく、これは使ったら手放せなくなりますよ。
 ソフトが公開されているページはこちら
 日本語化言語ファイルは、baRLogさんのこちらのページで公開されている。
 日本語化ファイルは TaskSwitchXP PRO2.06用となっているが、現在の最新バージョン2.011でも問題なく使用できる。公開ありがとうございます。

-----------------------
追記(2009/01/12)
日本語化ファイル公開サイトのURLが変わっていましたので、修正しました。
最新バージョンが執筆当時の 2.0.8 から 2.0.11 にバージョンアップしていましたので修正しました。

 ちなみに、このソフトの存在を知る前までは、Microsoft の PowerToys 版 TaskSwitch=Alt-Tab Replacementを使用していた。
 基本的にはこちらも TaskSwitchXP PRO と同様に、タスク切り替えの際にサムネイルを表示するというソフトである。
 ところが Power Toys 版では、IEで表示しているホームページの画面がたまにキャッシュできずに真っ黒に表示されてしまうことがあって不便に思っていたのだ。
 TaskSwithcXP PRO ではその問題は発生しないので、現在PowerToys版をお使いで同様の症状にお悩みの方も、ぜひ一度試してみてください。
 いちおう Microsoft 版も参考までにURLを紹介しておきますね。フリーソフトを使うのが心配という方は、マイクロソフト純正のソフト(こちらも無保証のフリーソフトだけど)を使うというのもひとつの選択だと思います。Alt-Tab Replacement 以外にも便利な小物ソフトが公開されてますよ。
 Microsoft PowerToys for WindowsXP(Alt-Tab Replacement へのリンクはページの右下の方にあります)
 PowerToys for XP 日本語化のページ

投稿者 黒沢哲哉 : 23:03 | トラックバック

このページのトップへ

過去エントリー 一覧