[Home] [Workshop] [monologue] [Movie] [HongKong] [Toy] [Comic] [UnderGround] [guestbook] [Links] [my profile]

« パンドラの函を開封 | メイン | 締め切り4連チャンをクリア »

2008年9月27日

AFTテント交換&メタライザーPRO施工

20080927.jpg 話は2年前の夏にさかのぼる。愛車ボンゴフレンディのオートフリートップ(ルーフテント)部に付いている防虫ネットをうっかり破いてしまった。それも2度続けて。どうやら経年劣化によってネット全体が弱っていたらしい。
 で、当時、関東マツダで修理の見積もりをしてもらったら約14万円とのことでその時は一旦あきらめたんだけど、オートフリートップを、これ以上ネットを破かないように使用するのはかなり気を使うし、見た目も悪い。
 それで、2年越しでいずれ修理しようと思っていたのを、ついに今月、意を決して依頼することにした。

 また最近、加速時にエンジン付近からシャリシャリという音が出るようになってきている。どうやらこれはラッシュアジャスターという、エンジンヘッドのバルブがカムの動きに追従できずに踊ってしまうのを抑制するためのパーツから出ているらしい。
 ヤフオクで知り合った元フレンディ乗りの方から教えてもらったところによると、このラッシュアジャスターノイズを消すのに、スーパーゾイルというエンジンオイル添加剤が効果があったらしい。
 ネットで検索してみると、このスーパーゾイル、確かに良さそうなんだけど、今回は、関東マツダでやってくれるメタライザーPROというエンジン内部の修復剤を試してみることにした。

 09/21(日)にいつもの関東マツダ葛飾青砥店へ持ち込み、09/26(土)の昼過ぎ、サービスのB場さんから作業完了の連絡をいただいた。

 午後、自転車で店まで行き、フレンディを受け取る。
 まずはお会計。

作業名・部品名部品代技術料
オートフリートップテント交換71,19062,475
メタライザーPRO施工10,5006,300
カストロールプロフェッショナルスピリット 5W-30 オイル交換6,9801,155
オイルフィルター交換1,470 
合計160,070

 テントの方は、展開してまったく問題のないことをチェック。新品だからきれいだけど、折り目がついてないのがなんか不自然。最初のうちは、たたみぐせがついていないから、折り畳む際にルーフにはさまないようにと注意された。

metarizer1.jpg さて、そして気になるメタライザーPROであるが、これは走り出してすぐに違いを実感した。走行中のエンジン音や振動が静かになったというのもあるが、何より目立ったのはアクセルの踏み出しからトルクがしっかりかかっているのがはっきり分かること。ラッシュアジャスター音も消えたし、ファーストインプレッションとしてはかなりいい感じである。
 お店では1年以上効果は続くと言っていたが、今後、この効果がどこまで続くのか。本当に1年以上続くなら、オイル・フィルター交換込みで26,405円は費用対効果としてはかなりのものだといえる。ほとんど毎日乗っているフレンディですから、施工前との違いは歴然で、プラシーボではないと断言できます。愛車に添加剤の使用を考えておられる方は、ぜひ候補のひとつに加えてみてください。

 ちなみにいちばん上の画像は、試運転で千葉県市川市の塩浜の埠頭まで行ったところ。ここは大学時代にぼくが作った8mm自主映画『もっとも危険なトマト!!』でラストシーンを撮影した思い出の場所だ。映画では、フレンディが停車している場所に、友人から借りた黄色いHONDA S800が止まり、画面奥へと走り去っていった。
 この場所も、今日はまだかろうじて30年前の面影をわずかに残していたけれど、左側では大きなショッピングビルらしき建物の工事が始まっていて、きっと1年もしないうちに大きく変わってしまうんだろうな。

参考リンク: 関東マツダのメタライザーPROのページ

投稿者 黒沢哲哉 : 2008年9月27日 21:29