« どこか懐かしい昭和テイストのグルメマンガ | メイン | これって右回り?左回り? »

2006年11月28日

夢のマンガ古書店を描いたマンガ

 今日もマンガに関する話題です。
 前から気になっていたんだけど、タイトルが思い出せず探せずにいたマンガがやっと見つかりました。
 タイトルは『金魚屋古書店出納帳』(上、下)と、『金魚屋古書店』です。
 『~出納帳』は少年画報社の「ヤングキングアワーズ」に連載されたもので、『金魚屋古書店』は、その続編として現在、小学館の「月刊IKKI」に連載中。コミックスは現在3巻まで刊行されていて、11/30に第4巻が発売されます。
 どこかの町のはずれの川沿いにある小さなマンガ専門の古本屋・金魚屋。ここにはあらゆる懐かしのマンガが揃っています。
 しかも「タイトルが思い出せないんだけど、こういう話で~主人公は~」とかいう漠然とした記憶だけでも、その本をたちどころに見つけ出してくれるのです。
 昭和のマンガ大好きなぼくらにはまさに夢のような古本屋なのです。物語は、ここを訪れるさまざまな客たちの、マンガと人生にまつわるさまざまなドラマが展開していきます。
 例えば、第1話は、石森章太郎のマンガ『サイボーグ009』の主人公・島村ジョーに恋をしてしまった女子高生の物語。
 第2話は、病気で入院中の叔父さんが、昔読んだあるマンガを探して欲しいと、姪に頼むという話。そのマンガというのが、その叔父さんの説明によるとこのようなお話なのです。
「あのな、主人公がイモをたらふく食ってから水泳大会に出場するんだ。そして爆発的な屁の推進力で水中を突っ走る。ババババババン!! たちまち世界新記録よ」
 さて、これだけで何というマンガか分かりましたか? ぼくは分かりました(笑)※答えは一番下に。
 と、まあ、こんな風に、それぞれのエピソードに実在する懐かしのマンガが登場し、思わずニヤリとさせられます。
 これはもう、昭和のマンガに埋もれて育ったぼくらとしては、一作ごとにニヤリとしたり思わずうなづいたり懐かしさにジワッときたり。
 皆さんもこの金魚屋古書店を訪れて、この感覚をぜひ味わってみてください。

kingyo_suitou_jou.jpg金魚屋古書店出納帳 上 IKKI COMICS
芳崎 せいむ
小学館 2004-12-24

by G-Tools


kingyo_suitou_ge.jpg金魚屋古書店出納帳 下 IKKI COMICS
芳崎 せいむ
小学館 2004-12-24

by G-Tools

kingyoya01.jpg金魚屋古書店 1 (1)
芳崎 せいむ
小学館 2004-12-24

by G-Tools
4091885543金魚屋古書店 2 (2)
芳崎 せいむ
小学館 2005-08-30

by G-Tools
409188315X金魚屋古書店 3 (3)
芳崎 せいむ
小学館 2006-03-30

by G-Tools
金魚屋古書店 4 (4)金魚屋古書店 4 (4)
芳崎 せいむ
小学館 2006-11-30

by G-Tools

 第2話で、叔父さんが探していたマンガの答えは、
 水木しげるの『河童の三平』でした。
 しかし、そこまでは姪もネット検索でたどりつき、講談社コミックスの『河童の三平』を買うことができたんだけど、叔父さんは、その本を読み終えて「悪いな、オレが読んだのは、この本じゃない」と言って落胆するのでした。
 実は、『河童の三平』にはいくつものバージョンがあったのです。しかしなぜ叔父さんはその別バージョンを探しているのか、それはぜひ作品を読んでみてください。

投稿者 MW STAFF : 2006年11月28日 02:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.allnightpress.com/mt/mt-tb.cgi/379